牡蠣 殻 栄養

牡蠣殻ミネラル

牡蠣殻ミネラルl漢方にも使われる古来からの栄養成分

 

貝殻は牡蠣(ボレイ)といい、焼成してから粉砕した粉は『日本薬局方』に「ボレイ」および「ボレイ末」として記載の生薬である[16]。ボレイの歴史は古く梁の陶弘景が『神農本草経』を修訂した『神農本草経集注』に収載されている。現在市販されているものはマガキの左殻が普通である。
「ボレイ末」は炭酸カルシウム (CaCO3) が主成分で、リン酸塩、他マグネシウム、アルミニウム、ケイ酸塩、酸化鉄などを含有する。

Wikipediaより引用

 

牡蠣殻は昔から薬用効果を目的に使われてきました。身の部分は美味しく食べて殻の部分は薬にする。身にはない牡蠣殻の栄養素を見ていきたいと思います。

 

炭酸カルシウムやケイ酸が体の調子をスムーズにする。

牡蠣殻の栄養素のほとんどは炭酸カルシウム。これは牡蠣肉にはない成分で漢方薬として処方されています。炭酸カルシウムは

胃や十二指腸を健康にする

 

胃酸の出過ぎを抑える

 

不安症状や興奮症状を抑える


 

といった点が効果として主に挙げられます。また植物栽培の肥料にも使われます。

 

牡蠣殻にはその他にもリン酸、マグネシウム、ケイ酸などのミネラルが含まれていて、とても便利な食材です。パウダー状や粒状に加工して摂るのが一般的です。

 

手軽に摂るにはサプリが便利

牡蠣殻の主成分である炭酸カルシウムはどちらかというと病気を治すのが主な効能です。そのため医薬品や漢方薬に加工されることが多いです。

 

ミネラル分を摂りたいならサプリが便利。種類の豊富なミネラル分の方の栄養素を主に作られていて、その上価格もお得。漢方薬は比較的値段が高めな上、副作用がある場合もあります。

 

体の調子を整える働きを持つミネラルは体をメンテナンスしてくれるので、結果的にお通じの改善にも効果を発揮します。またサプリは食品に分類されるので副作用はなく誰でも気軽に使えるという特徴もあります。

 

以上の理由から牡蠣殻の成分を摂り入れたいと思われたならサプリがおすすめです。

 

牡蠣殻ミネラルが豊富に含まれたサプリはこちら→水素美人

 

このエントリーをはてなブックマークに追加