孟宗竹lお通じが良くなるサプリ

孟宗竹

孟宗竹l豊富なミネラルと抗菌・消臭作用が魅力

 

モウソウチク(孟宗竹)はアジアの温暖湿潤地域に分布する竹の一種である。種名は冬に母の為に寒中筍を掘り採った三国時代の呉の人物、孟宗にちなむ。別名江南竹、ワセ竹、モウソウダケ。
年を経ると稈の枝分かれ数が多くなり、葉が増えた結果、稈の頭が下がる。67年に1度花が咲くとされるが、この事を証明する記録はわずか2回しかない。

 

wikipedia抜粋

 

数日前にササの花が開花したようですね。岐阜県中津川市の国有林での出来事だそうですが、約60年ぶりの事だそうですね。見られた方はラッキーかも☆

 

竹とササは厳密には種類が違うのですが、ビッグニュースなので書いてしまいました^-^

 

美味しいタケノコ料理に

2月下旬から4月に向けて旬を迎える、春を代表する食材『筍』。淡竹、真竹、根曲がり竹などたくさんの種類がありますが、一般的に思いつく形をした筍といえば孟宗竹です。

 

お吸い物や炊きこみごはん、焼きタケノコもいいですね。新鮮な状態なら薄く切って刺身にして食べるのもありですね(しっかり灰汁は抜いてから食べてくださいね)。

 

メインから脇役まで何でもこなせる万能食材です。旬の時期は食卓が筍でにぎやかになりますね♪

 

 

孟宗竹の効能

孟宗竹のすごいところはたくさんの成分を豊富に含んでいること。

 

「グルタミン酸」「チロシン」といったアミノ酸が疲労回復に効く
「カリウム」が豊富で塩分の排泄作用が高血圧予防や足のむくみに効果的
「食物繊維」の塊で便秘や大腸がんの予防に効果的

 


 

食物繊維が豊富なのはうれしいですね。たくさんの野菜を食べているような栄養素です♪

 

灰汁やエグみの原因である「ホモゲンチジン酸」「シュウ酸」が大量に含まれるため、食べ過ぎには注意が必要です。

 

ホモゲンチジン酸はシミの元、シュウ酸は結石の元になるため、いくらタケノコが体に良いといっても適度な量を頂きましょう。


 

こんな孟宗竹を炭にしたら・・・

食品として食べても体にいいですが、形を変えて竹炭にしてもその効能は素晴らしいものがありました。
竹炭に姿を変えた孟宗竹は

 

現代人が不足しがちなミネラルを多く含む

 

余分な物質を吸着してそのまま体外へ排出する

 

抗菌・消臭作用で加齢臭や口臭を抑える

 

といった、老若男女問わず高い効果を発揮します。

 

デトックス効果や便秘など特に女性に効果的な食品ですね^-^

 

 

こんな竹炭を使ったサプリが『スッキリ炭べえ』です。気になった方はこちらから⇒

 

このエントリーをはてなブックマークに追加