お通じ 良くする ヨーグルト

便秘を改善するためのヨーグルトの食べ方

ヨーグルトでお通じを良くしたいなら知っておいてほしいこと

 

乳酸菌やオリゴ糖など、便秘解消だけでなく体にもいい成分が豊富に含まれているヨーグルト。このページで普段から食べていてサプリを使おうか悩んでいる方のお役に立てればと思います。

 

ただ漫然と食べているだけでも効果はあるかもしれませんがもっと効率良く結果が出せるかも♪

 

一番大事なのは食べるタイミング。

ヨーグルトを食べるのは乳酸菌を体に摂り入れたいから。乳酸菌も生き物なので、どうせならより活発に働いてほしいですよね?

 

お通じを良くすることが目的なら一番いいのは腸が最も活発な時間帯にヨーグルトを食べること。そしてそれは夜、特に「食後なんです。理由はというと

 

胃酸が薄まっているので腸まで乳酸菌が届きやすい

 

細胞の修復が活発になるため、腸の運動も良くなる


という効果が期待できるからなんですね。

 

人間の腸は夜の10時から次の日の午前2時の間に最も活発に活動すると言われています。少し遅めの夕食のデザートなんかに最適ですね。

 

たくさんの乳酸菌が活発に働ける環境を用意してあげれば、より早く大きく便秘解消の効果が表れるのではないでしょうか。

 

できるなら食べるヨーグルトにもこだわりを。

もっとヨーグルトでお通じに効果を発揮したいなら食べているヨーグルトに着目してみるといいかも。

 

乳酸菌の多い少ないではなく、温度や甘さによってもその効果は変わってくるんです。

 

おすすめなのは

冷え過ぎていない、常温より少し冷たいくらいの温度
砂糖が入っていないプレーン状態のヨーグルト

です。

 

これは単純に体の調子を考えての事。冷え過ぎているとお腹を壊す原因にもなり、せっかく良い状態だった腸の動きを悪くします。またプレーン状態のヨーグルトを食べることで余計な糖分摂取を減らし、乳酸菌の吸収効率も高まります。

 

どうしても甘くないと食べられないという方は、少量のはちみつやフルーツなどと食べると美味しく頂けると思います。

 

まず自分の体調を考えて、それからヨーグルトを食べるととても効果的だということですね♪

 

 

もし毎日は食べられない、時間がなくて食べられないという方はこちらのサプリをご覧ください。
どのサプリも乳酸菌を豊富に含んでいるので、お通じに対してヨーグルトを食べるのと同じかそれ以上の効果が期待できますよ☆

 

 

善玉菌の力はこちらから→

 

花菜の選べる乳酸菌はこちらから→

 

乳酸菌革命SUPERはこちらから→

 

このエントリーをはてなブックマークに追加