ヘム鉄lお通じが良くなるサプリ

ヘム鉄

ヘム鉄l体に吸収されやすいスーパー鉄分


 

赤血球の中にはヘモグロビンが存在しています。ヘム鉄は鉄(Fe)とポリフィリン環にて形成されております。そのヘモグロビンはヘム鉄(鉄ポリフィリン複合体)とグロビン(たんぱく質)から構成されています。

ILS株式会社より抜粋

 

私たちが知る鉄分には"ヘム鉄"と"非ヘム鉄"の2種類が存在しています。それぞれの違いと、ヘム鉄の体への効果を見ていきたいと思います。

 

吸収率が高く体の機能を活発にするヘム鉄

鉄分は腸で吸収されにくい成分。でもヘム鉄はしっかり吸収されます。なんと非ヘム鉄に比べて5〜6倍も吸収効率がいいというデータも発表されているようです。同じ量の鉄分を摂るんだったら、しっかりと吸収してくれないと困りますもんね。

 

ヘム鉄を含む鉄分をしっかり摂ることで体では

酸素と結びついて酸素を体の隅々まで運んでくれる
貧血の時にバックアップしてくれるフェチリン(貯蔵鉄)になる

という鉄機能が活発になるんですね。


 

一般的に鉄分は摂り過ぎることも良くないとされていますが、ヘム鉄は吸収量が調節されて摂り過ぎになることがありません。また、鉄ポルフィリン複合体に囲まれているため、胃や腸を傷つけずに吸収されます。

 

どこまでも体に優しい成分なんですね♪

 

ヘム鉄が多く含まれている食品はこちら

ヘム鉄が体にいいことは分かったけど、どの食材に入っているのか分からない方も多いと思います。

 

ヘム鉄は

豚レバー 牛もも赤肉
鳥レバー
しじみ あさり
カツオ

など、動物性たんぱく質に多く含まれている鉄分です。


 

一方、非ヘム鉄はほうれん草、小松菜、ひじきなど植物性の食品に多く含まれるようです。

 

鉄分摂取の観点から見ればお肉をたくさん食べる方がいいですが、それだけだと栄養が偏るのでバランスを考えた食事を摂るようにしてくださいね♪

 

ヘム鉄を簡単に摂る方法

確かにヘム鉄は吸収率が非ヘム鉄に比べて良いのですが、問題はその量。実は私たちが1日に必要としている鉄分の量は10mgで、これは例えば動物性食品を食べたとしても

 

豚レバーなら約85g 牛ヒレ肉なら約440g

 

も必要な計算になってしまうんです。
さすがに毎日お肉をこれだけ食べられないですよね。


 

 

そこでヘム鉄を簡単に摂取できる方法がサプリメントの『美めぐり習慣』です。

 

たった5粒だけで1日に必要な鉄分が摂取できる便利なサプリなんです。ヘム鉄に加えて国産オーガニック生姜も配合されているため体が温まりやすくなり、その結果腸の動きも活発になってお通じにも効果的です。

 

気になったらこちらのページを見てみてくださいね。⇒『美めぐり習慣』はこちらから。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加